カラコンのつけ方

国認可されたレンズのフチは滑らかに作られていますが、それでも、カラコンを装着するときに、フチで眼球を頻繁にさしてしまうと目に傷がついてしまう可能性があります。また、レンズにほこりや汚れがついていると、レンズを付けることに合わせて、目に悪影響を与えてしまう可能性があります。衛生的な環境で、正しい装着方法を守ってレンズをつけましょう。

カラコンをつける前の準備

以下のようにつめ、手、指を衛生的な状態にしてください。

つめ

レンズ、眼球を傷つけないように、短く切り、まるく滑らかにしてください。

手や指

レンズに触れる前には必ず石けんで手や指を十分に洗い、清潔な状態にしてください。

レンズケースなど

衛生的な環境に置き、予めケースをあけたり、ラベルをあけたり、瓶をあけておきます。

目にレンズを入れる流れ

鏡の前で以下の流れでレンズを目に入れます。

1. レンズを利き手の人差し指の先にのせ、レンズをチェック

レンズのチェック

  • 手と指の水分をしっかりふき取る
  • レンズが破れていないか確認
  • 液漏れしていないか確認
  • レンズの表裏が正しいか確認

2. 同じ手の中指で下まぶたを開く

した瞼を開く

この時まつげも一緒に押さえるとスムーズに開ける

3. もう一方の手の中指(または人差し指)で上まぶたを開く

上まぶたを開く

この時まつげも一緒に押さえるとスムーズに開ける

4. 両目でまっすぐ前を見たまま、レンズを黒目の上にのせる

レンズを黒目の上にのせる

  • レンズを入れるときにまばたきをしないようにする
  • 目を傷つけないためにこの時決して黒目にレンズを押しつけない

5. レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくりと指を離す

ゆっくりと指を離す

この時急に指を離したり、強くまばたきをするとレンズがはずれるので注意

6. 3回程度軽くまばたきをする

3回程度まばたき

レンズを目になじませ、レンズと目の間に空気が入らないようにする