カラコンの外し方

カラコンやレンズを外すときもカラコンを着けるときと同様に衛生環境などに注意が必要です。

カラコンを外すときの準備

以下のようにつめ、手、指を衛生的な状態にしてください。

つめ

レンズ、眼球を傷つけないように、短く切り、まるく滑らかにしてください。

手や指

レンズに触れる前には必ず石けんで手や指を十分に洗い、清潔な状態にしてください。

【使い捨て以外】レンズケース

複数日利用可能なレンズの場合、コンタクトレンズ用のケースを用意し、専用の保存液を入れておいてください。

目からレンズを外す流れ

鏡の前で以下の流れでレンズを外します。

1. 鏡をよく見て、レンズの位置を確認してから、黒目が上方に向くように鏡を見上げる

鏡を見上ける

2. 利き手の中指で下まぶたを軽く引き下げる

下まぶたを引き下げる

3. そのままの状態で利き手の親指と人差し指でレンズを軽くつまみ、レンズをはずす

レンズをはずす

4. 使用期間別の対応

レンズを外した後の対応は、使用期間によって異なります。

1日使い捨てのワンデータイプ

ワンデータイプのレンズは、必ず外した後は捨ててください。使い捨てを前提に製造されているので、レンズ洗うことを想定した強度にもなっておりませんし、長期間利用することを前提にした汚れにくさとなっていません。

2週間交換、1ヶ月交換タイプ

複数日利用するレンズは、しっかりとレンズケアをする必要があります。詳しくはカラコンのケアの仕方をご覧ください。また、開封後の使用期間がたったら必ず捨ててください。

長期利用可能タイプ(一年交換)

2週間交換、1ヶ月交換タイプ同様に、カラコンのケアの仕方をご覧いただき、しっかりケアをしてください。

なお、一般に一年タイプと呼ばれるカラコンはレンズの劣化状態に応じて必ず1年間持つものではないので、装着時に目に違和感を感じたり、レンズの様子がおかしく感じた段階で、処分し新しいレンズに交換してください。